相談・臨床

教育の現代的課題に関する実践的な研修・教育事業を支援するため,首都圏の教育現場に講師を派遣.子どもの生活の中での切実な課題や願いを明らかにするための研究活動や生活・仕事・文化についての総合的な認識の形成を通じて人権問題の解決を目指す授業づくりへの協力を行っています.

特別支援教育支援事業

特別ニーズ教育支援部門 生涯発達支援部門

特別支援教育に関係する教育・研究・地域貢献を総合的に展開する事業室を開設し運営しています.

学校教育相談総合窓口事業

教育臨床研究部門 特別ニーズ教育支援部門 生涯発達支援部門

発達障害,不登校,学校不適応などの学校教育相談事業の総合窓口化を学内の講座や付属校スタッフと連携して行っています.電話・インターネット・面接・派遣などの支援方法の研究を推進しています.

発達支援・教育相談事業

教育臨床研究部門 教育実習指導部門 特別ニーズ教育支援部門 生涯発達支援部門
  • 発達障害電話相談を含む発達相談
  • 教師のためのメール相談
  • 東日本大震災特設 教師のための電子メール相談
  • 不登校・学校不適応相談(子どもと保護者のカウンセリング)
  • 教師に対する不登校対策紙上コンサルテーション

相談室の運営や児童生徒の学習指導、心理的な援助を行い、スクール・カウンセラーのインターン活動として相談活動を行っています.

  • 特別支援教育関連の教師支援
  • 発達支援関連の保育士・指導者支援
  • 教育相談関連の教師・SC・相談員支援
  • 事例に関する教師支援
  • 事例に関する保育士・指導者支援
  • 事例に基づくSC・相談員支援

「みどりの東北元気キャンプ」
福島県小野川湖で、主に福島県内で被災した子どもおよび保護者を集め、カウンセラー、キャンパー、教員をボランティアとして募集し、「こころのケア」に特化したキャンプを開発・実施しています.主な後援者:観光庁、福島県教育委員会、福島市教育委員会、郡山市教育委員会、日本カウンセリング学会、日本EMDR学会、日本学校メンタルヘルス学会

震災発生直後の3月17日から、HP「東日本大震災特設:教師のための電子メール相談」および、FACEBOOKで子どもの心のケアに特化した支援サイトを開設、運営を続けています。子どもの心のケアに関わるコラムは50を越え、ページヴューは、3カ月で20万ビューを数えています.

(代表者:小林正幸)

東京都小平市、小金井市、東久留米市、三鷹市、杉並区、千代田区、川崎市、坂戸市、千葉県松戸市、長野県松本市の特別支援学級、通級指導教室において、児童の発達アセスメント、保護者との面談、教員へのコンサルテーション等を行っています.

ICT活用に関する研修会・研究会および教育関係者に対して情報提供等を行っています.

東京都教育委員会から相談指導員の委嘱を受け、都立ろう学校 3 校(立川、大塚、葛飾)において、乳幼児の発達アセスメント、保護者との面談、教員へのコンサルテーション等を行っています.

Powerd by

Powered by Movable Type 5.13-ja

Powered by sakura cloud